デブリ

pso20140502_073133_409.jpg

概要

スペースデブリとは宇宙に浮かぶ微小な物質の事である。狭義には人工物に限定される。特に惑星軌道宙域にあるものは、惑星から宇宙への軌道離脱時に大いなる物理的障壁として立ちはだかり、人類がひとつの惑星外へ進出する時の大いなる課題となっている。

地表から300 - 450kmの低軌道では秒速で7 - 8km/s、36,000kmの静止軌道では秒速3km/sと非常に高速で移動している。さらに軌道傾斜角によっては相対的に秒速10km/s以上で衝突する場合もありえる。運動エネルギーは速度の2乗に比例するため、スペースデブリの破壊力はすさまじく、直径が10cmほどあれば宇宙船は完全に破壊されてしまう。数cmでも致命的な損傷は免れない。さらに数mmのものであっても場合によっては宇宙船の任務遂行能力を奪う。5 - 10mmのデブリと衝突するのは弾丸を撃ち込まれるに等しい。

このような衝突を防ぐことを目的としたアークスシップ近傍のデブリ等を観測する活動はスペースガードと呼ばれる。オラクル船団宇宙連合軍のスイーパー部隊と呼ばれる宙域監視隊は、約10cm以上の比較的大きなデブリをカタログに登録して常時監視が行われている。また、民間の惑星開発公団、政府環境省でもデブリの監視が行われている。カタログ登録されたデブリの数だけでも約9億個に及び、1mm以下の微細デブリまでも含めると数兆とも数京個とも言われる。カタログ登録の無い新規デブリを発見した場合はその危険度に応じて懸賞金が得られ、市民レベルでのデブリ監視もある。また貴重な学術的価値のあるデブリであった場合には、発見者にデブリへの命名権が与えられる場合もある。


アークスシップの残骸

宇宙に浮かぶアークスシップの残骸。その規模数百と言われるオラクル船団であるが、この100年以内においてダーカーに破壊されたその総数は10や20ではきかぬ。超巨大ダーカー、ダークファルス【巨躯】によって完全大破されたシップ。それらはD因子侵食を受け、資源として回収することもままならぬ状態である。
スペースデブリとして放置された残骸は、その宙域の物理航行を困難とする。特に、破壊時に一般第二宇宙速度を超えたデブリは外宇宙に飛ばされてしまい、他銀河、他惑星に被害を及ぼす可能性がある。(極低確率の理論値ではあるが)
よって、可能な限りは牽引回収され、少しずつ、該当太陽系の恒星投棄を行う。デブリ群を最寄りの惑星のラグランジュ点へ牽引し、回収業者が、政府規定の投棄点数の高いデブリから順に、スイングバイ軌道へデブリを地道に地道に射出するのである。


コメント

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2014-06-22 04:33:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード