龍族

r59OQAPOndIwvhd.jpg

概要

惑星アムドゥスキアの代表種族。強靭な肉体と、輪廻する魂を持つ。


肉体と魂

シル・ディーニアンの絶対物理防御 (アンチマテリアルシールド)、ノーディラン、フォードラン等の、衝角守護領域 (ラムバリアフィールド) 等、
強力な防御能力を持ち、1,000~2,000℃の溶岩流をものともしない屈強の肉体を持つ。
また、彼らの超自我 (イド) についても言及せねばなるまい。浮遊大陸 (テリオトー) のある領域は彼らの聖域であり龍祭壇と呼ぶ。
この最深部には龍族の精神的墓標でもある、××× (検閲) と呼ばれる領域があり、超自我××× (検閲) の ×× (検閲) であり、
火山洞窟 (カッシーナ) においてもやはり、××××× (検閲) と言えよう。×××× (検閲) の ×××× (検閲) は、×××× (検閲)
だとするならば、×××× (検閲) の ×××× (検閲) ですら ××××××××××××××××××××××××××××××× (検閲)
(以下についてアクセス拒否)


念話能力

意味通話 (センスカンファレンス) が可能。つまり、似た思考、価値観を持つ他種族であれば、ほぼ無翻訳で意思疎通が可能である。


飛行能力

アムドゥスキアの生き物は体内に強磁性体の磁嚢と呼ばれる器官を持ち、血液の弱反磁性体との作用によってモーゼ効果を得ている。
固く、体温の高い磁嚢はマイスナー効果によって超伝導の完全反磁性の性質を持ち、磁場と磁場勾配に比例するローレンツ力を生じさせ、
反重力効果を持ち、中空への飛翔を可能とするのだ。
磁場Hと 磁極Mの間には力が働く。真空の透磁率μ0、磁束密度B、面積S とすれば、F=(B^2S)/(2μ0)となる。
磁束の強さウェーバ (Wb) という単位で表し、龍族は自然界の地磁気に当たる平均45000nT (ナノテスラ) に匹敵する磁性体をコントロールが可能。
キュリー点を優に超えているであろう高体温の中で磁化を失わない謎や、流体ダイナモににた効果を得て中空で偏角を制御する機能など、
まだまだ未知の部分が多く、今後の研究が待たれるのである。今日ではエーテル磁気学やフォトン流体化学など様々な分野での研究が
進んでおり、日々、新たな学説が発表されており、この分野の工学転用なども期待されている。
(生体工学博士アキによるオラクル大学での講義ログより一部抜粋)


コメント欄

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2014-06-03 23:26:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード